高木ブーさんの運転免許返納に

巷では称賛の声が上がっています。

 

最近はニュースで高齢者の運転事故を

よく目にしますからねー。

自分だけは大丈夫!と思っていても実は

認知症予備軍だったりして事故をおこす

可能性があったりするわけです。

 

自分から免許証を返納する、という行為は

今後の自動車運転の権利を放棄することなので

とても勇気と決断力がいることだと思います。

 

ということで、今回はちょっと真面目に、、、

高木ブーさんの免許証返納や高齢者事故事情、

あと返納することで受けられるお得なサービスに

ついて紹介していきたいと思いますー。

 

【スポンサードリンク】

 

高木ブーさんの免許証自主返納が話題に!

3月29日に都内で行われた春の全国交通安全運動

で高木ブーさんの運転免許の返納式が行われました。

 

高木ブーさんは著名人ということで、

パフォーマンス的な催しではありますけど、

これをきっかけに一般の高齢者も免許証の

返納をしていきましょう!

という呼びかけになっているわけですね。

 

今年で84歳になる高木ブーさんですが、

「高齢者事故は他人事ではない」

という思いと

「家族からのひとこと」

(どんな一言かは不明。。)

がきっかけで免許証の返納を決意したようです。

 

返納式での高木ブーさんはとても84才には

見えなくて元気な様子でしたけど、

それを過信せずに返納したことは

素晴らしいことだと思いますね。

 

同席した小池都知事も、

高木さんが一つのモデルになると思う。

安心して暮らせる東京を実現したい

とコメントされていました。

 

ネット上でも高木ブーさんの行動に称賛の声が

上がっているようですね。

 

でも高木ブーさんというと、

話している最中に居眠りしちゃう

エピソードもあったりするので

自分でもヤバイと思ったのかも、、、

という意見もちらほら聞こえましたが(^_^;)

 

高齢者には臨時認知機能検査が新設された

高齢者の事故は以下の理由から起こりやすいと

考えられています。

 

・近づいてくる車の速度感や距離感が正確につかめない

・反射神経が遅くなりとっさの行動が起こしにくい

・注意力が散漫になり前方の様子を見落としがちになる

 

なので、どのくらい自分の判断力や注意力が

落ちているのかを定期的に判断してもらう

必要があるわけですね。

 

で、ごく最近、高齢者ドライバーに対する

法令が変わりました。

 

2017年3月12日に高齢者の認知機能検査を

行う「臨時認知機能検査・臨時高齢者講習」

という規定が新設されました。

 

これは75歳以上のドライバーが特定の

交通違反行為を起こした際に、それが

認知症によるものでないかの検査を

受けさせる、という法律です。

 

まず、交通違反を犯した場合には

臨時認知症検査を受けます。

で、認知症の疑いがある場合にはさらに

臨時適性検査というのを主治医の元に

行われます。

 

これで認知症だと診断されると免許証は

取り消しまたは停止になります。

 

臨時認知症検査で認知症ではないけど

認知機能が低下していて車の運転に

支障があると判断された場合には

臨時高齢者講習」を受けることになります。

【スポンサードリンク】

臨時高齢者講習は実写指導(1時間)と

個別指導(1時間)の合計2時間の講習です。

 

この法令である程度の認知症患者は

特定できるかと思いますけど、

違反を起こさないと検査の対象にならないので

無違反のままいきなり大きな事故になって

しまうケースについては防げないかなぁと

思ってしまいますね。。

 

高齢者ドライバーの交通事故の割合は?

最近、登校中の小学生の列に自動車が

突っ込んだ事故がありましたし、

少し前はアクセルとブレーキを踏み違えて、、、

みたいな事故が連日取り上げられました。

 

度々ニュースで取り上げられるので、

「また、高齢者ドライバーか・・・」

と感じた方も多いのではないでしょうか?

 

では実際にどのくらいの割合で高齢者が

事故を起こしているんでしょうか?

気になったので調べてみると、

こんなデータが出てきました。

 

こちらは警視庁が発表しているデータですが

以下の2点が見て取れますね。

 

・交通事故は年々減少傾向にある

・高齢者が関与する事故は年々少々している

(高齢者とは65歳以上の者をいう)

 

高齢者事故をよく目にするのはマスコミの

報道操作かとも思いましたが、実際のデータを

みてみるとそうでもないようですね。

 

というか、高齢者の割合がどんどん大きく

なってきている世の中ですので、

高齢者事故の発生率も高くなって当然と

いえば当然なのですが。

 

免許証の返納で生活に支障が出る高齢者も!?

高木ブーさんの行動で高齢者事故防止に

繋がっていくのは良いことだと思いますが、

一方で日々の生活に支障をきたす高齢者が

いることも忘れてはいけないと思います。

 

例えば農家をやっている高齢者の方にとって

車が運転できなくなってしまうのは仕事が

できなくなってしまうに等しいことですよね。

 

自主返納の波が広がって当たり前に

なり過ぎてしまうと70歳を過ぎて仕事をしている人達が

「まだ車運転しているの・・・?」

みたいな白い目で見られてしまうことも

あり得そうで、それはそれで問題ですよね。。

 

強制的に年齢で区切ってしまうのも

強引すぎますし、いつ免許証の返納を

するかはなかなか難しい問題だと思います(^_^;)

 

免許証返納で各種サービスが割引に!?

免許証の返納で車の運転はできなくなりますが

その代わりにオトクなサービスを受けることが

できるようになります。

 

例えば美術館の入館料の割引や、

特定金融機関での金利優遇などです。

こういったサービスは大事ですよね。

 

以下に一例を上げておきますね。

 

巣鴨信用金庫:

運転経歴証明書所有者専用定期預金「サポート」
スーパー定期預金の金利優遇:店頭金利+0.05パーセントお一人様合計500万円まで
自動継続1年(継続後は店頭表示利率になります)

 

帝国ホテル東京:

帝国ホテル直営レストラン・バー
ラウンジにて10パーセント割引

 

はとバス:

定期観光のコース料金5パーセント割引
(一部除外あり)

 

明治座:

ご入場券代10パーセント割引
(一部対象外公演あり)
(他の割引との併用不可)
詳しくはお問合せください。

 

サービスの一覧はこちらに掲載されていますので

詳しく知りたい方はどうぞ↓

>特典一覧

 

 

ということで、今回は高木ブーさんの免許証返納の

話題を取り上げてみましたが、いかがでしたか?

 

自分もいずれ高齢者になったとき、

直面する問題なので他人事ではないですよね。

それまでにもっともっと優遇サービスが

充実しているといいなぁなんて思います(笑)

 

では今回はこのへんで!

 

まとめ

高木ブーさんの免許証返納に称賛の声

高齢者事故は年々上昇傾向にある

免許証を返納すると優遇サービスが受けられる

 

【スポンサードリンク】