いやー、タイトルから

いきなり力んでしまいました(^_^;)

 

ここ最近、将棋のニュースがアツいです。

 

というのも、

中学生にしてプロ棋士として活躍している

藤井聡太さんの快進撃が続いているから。

 

 

中学生にして、プロ棋士相手に

バンバン勝ちまくっているんですよ。

あの羽生善治さんにも勝っゃいましたしね。

いやはや末恐ろしい人が現れました。

 

(今後はぜひ電脳戦にも挑戦してほしい!)

 

 

で、そんななか。

「藤井聡太」で検索すると、

アスペルガー」というキーワードが

目につきました。

 

僕は知らないキーワードでしたので

調べてみたところ、どうやら発達障害の

病気のことだそうです。

 

 

え!?

 

恐らくめちゃくちゃ頭がいいであろう

藤井聡太さんが発達障害??

これは気になる・・・。

 

 

ということで、今回の記事では

アスペルガー症候群についてと、

藤井聡太さんがそうであるかどうか

について検証してみました。

 

まぁ、結論から言うと、僕は

アスペルガーじゃない

と思っています。

 

藤井聡太のプロフィール

藤井聡太さんのことをまだよく知らない方のために

プロフィールをおさらいしておきますね。

名前 藤井 聡太(ふじい そうた)
本名 (同上)
職業 プロ棋士
生年月日 2002年7月19日 (15歳)
出身 愛知県 瀬戸市
出身校 名古屋大学教育学部附属中学校在学
プロ入り 2016年10月1日
師匠 杉本昌隆7段

 

 

藤井聡太さんが将棋を始めたきっかけは

5歳の頃におばあちゃんが持ってきた

「スタディ将棋」という教材でした。

 

これは公文式が出している教材ですが、

将棋のルール自体は本物と一緒。

 

ただ、将棋のコマに進む方向が記載

してあるので、子供でも手軽に将棋を

学べるというものです。

 

↓これがスタディ将棋です。

 

これにのめり込んで将棋で遊ぶうちに

どんどん実力をつけていったんだとか。

 

5歳と言ったら幼稚園の年中さんですよ。

 

まだ読み書きもおぼつかないなか、

将棋で遊ぶっていうところが普通の

子供と違いますよねー。

これを買い与えたおばあちゃんもすごいです!

 

実際、ひらがなよりも先に将棋の

ルールを覚えたというエピソードがあります。

 

 

その後、将棋の教室に通うようになり

メキメキと実力をつけていった藤井さん。

 

教室では連戦連勝を誇るようになり、

100年に一人の逸材との声も

当初から上がっていたそうです。

 

ただ、最初の頃は負けてしまうこともあり

そんなときには悔しくて泣きながら

励んでいたんだとか。

 

 

文化でもスポーツでもそうですけど、

負けず嫌いで歯を食いしばって

頑張る方って、将来必ず大成して

いきますよね。

 

 

その後14歳(中学2年)でプロ棋士になり、

そこからさらに快進撃が始まります。

 

 

プロ初対戦の相手は加藤一二三九段。

史上最大年の離れた対局として話題に

なりました。

 

加藤一二三さんも将棋界では

知らない人がいない重鎮中の重鎮ですが

なんと加藤九段にいきなり勝利してしまいました。

 

 

この時点で業界では

「おいおい、、マジか・・・!?」

という空気が流れ始めました。

 

その後も対戦では連戦連勝。

そしてついには、あの羽生善治三冠を

破る快挙を成し遂げたわけですね。

 

このニュースには将棋ファンはもちろん、

将棋をあまりよく知らない方でも

え!?羽生に勝ったの!?

と驚いたのではないでしょうか。

 

 

凄まじいまでの実力と、対戦中の集中力。

この能力は普通の人とはちょっと違い過ぎますよね。

 

 

で、そうなってくると、

何か特別な体質の持ち主なのではないか!?

という疑問が出てきます。

 

それがこれから紹介する

アスペルガー症候群じゃないの!?

という疑問につながっていったわけですね。

【スポンサードリンク】

 

 

アスペルガー症候群ってどんな病気?

で、アスペルガー症候群という、

あまり聞き慣れない病気。

 

これは簡単にいうと発達障碍の一種で、

最近認知され始めた病気です。

 

自分の周りに、コミュニケーションが

取りづらい人っていませんか?

 

例えば、

人の目を見て話ができない

とか

 

挙動不審で落ち着きがない

とか。

 

あと、

空気が読めずに、人が気にしていること

とかをズバズバ言っちゃう人

といった特徴があります。

 

まぁ、実際、このくらいの人は結構いるかも

しれませんが、これがもっと顕著になった人の

ことを指すようです。

 

以下、参考までにアスペルガー症候群の

特徴を上げておきますね。

 

【アスペルガー症候群の特徴】

1. 明確な指示がないと動けない
2. 場の空気を読むことができない、空気に沿った対応ができない
3. 冗談が通じず、会話の行間や間を読むことができない
4. 曖昧なことを理解できない
5. 好きなことは永遠とやり続けてしまう、話し続けてしまう
6. スケジュール管理ができない
7. 自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない
8. 急な変更にうまく対応できず、だまされやすい
9. 名前を呼ばれないと自分だと気が付かない
10. 相手の気持ちをおもんぱかれない、人を傷つけることを平気で言う

引用元: https://h-navi.jp/column/article/136

 

文科省が発表している割合だと、

日本人の人口の約0.8~1%くらいが

アスペルガー症候群だと言われているようですよ。

 

100人いたら1人くらいはいるということなので

身の回りにいてもおかしくないですよね。

 

(ちなみに東京大学の生徒では

4人に一人がアスペルガーでは!?という

話しもあるそうですよ)

 

で、こういった人達にはもう一つ

別の特徴あります。

 

それは、

一つのことに対する集中力・記憶力が

人よりもめちゃくちゃ高い

ということ。

 

・マイルールがある
自分の決めた予定や手順などを変えることを嫌い、頑なになる。無理に変更すると混乱してしまうこともある。

・記憶力が高い
興味のある物事に関しては、大量の情報を記憶したり、引き出すことができる。

・集中力がある
興味のある物事に関しては、一度手を付けると熱中しすぎて周りが目に入らないこともある。

・話し続ける
興味のある物事に関しては、一度話し出すと夢中になりすぎて止まらなくなる。

引用元: https://h-navi.jp/column/article/136

 

興味のあることに対してとことん

のめり込んで、他のことが全く入らなく

なってしまうようです。

 

 

なので、天才と呼ばれる人たちは、

アスペルガー症候群であることが

しばしばあるようなんですね。

 

 

ちなみに、アスペルガー症候群を公表したり

アスペルガー症候群と思われる有名人には

こんな人たちがいます。

 

スティーヴン・スピルバーグ

アインシュタイン

ビル・ゲイツ

トーマス・エジソン

スーザン・ボイル

 

日本人ではこんな人たちが

アスペルガーと思われているようです。

 

鳥居みゆき

栗原類

勝間和代

黒柳徹子

武田双雲

深瀬慧

さかなクン

 

確かに上で挙げた特徴に

合致しているように思いますね。

 

藤井聡太はアスペルガー症候群なの!?

じゃあ、藤井聡太さんについても、

あの驚異的な集中力ですから、

アスペルガーじゃないの?

ということなんですけど、

 

結論から言うと、

その可能性はかなり低いと思います。

 

 

アスペルガーの人は上記の通り、

人とのコミュニケーションを苦手としているので、

1対1はもちろん、たくさんの人の前で話すのが

非常に苦手です。

 

でも、藤井聡太さんの記者会見での受け答えは

落ち着いていて、堂々としていますし、

表現方法もテレビを意識した、いわゆる

空気を読んでだ受け答えだと思います。

 

また、将棋の対戦終了後に行われる

感想戦でも自分の意見をしっかりと相手に

伝えていますよね。

 

こういったタイプはアスペルガー症候群の

可能性はかなり低いはずです。

 

また、藤井聡太さんを知る周囲の人達からは

非常に老成している

という声があるそうです。

 

アスペルガーの人は落ち着きがないので

こういった印象を周囲に与えることは

少ないと思います。

 

 

あまりに天才的な人が現れると、

すぐにアスペルガーなのでは!?という

噂が立ちます。

 

 

実際、羽生善治さんも噂になりましたし、

有名スポーツ選手や文化人で

アスペルガーと検索すると、

結構出てきたりしますよ(笑)

 

 

 

でも、藤井聡太さんの場合は、

小さい頃から将棋を習慣として成長して

きたわけなので、普通の人よりも集中力が

凄まじいのは当たり前です。

 

 

昔から培った習慣や努力が生んだ

たまものなんだと思いますね。

 

 

ということで、今回は藤井聡太さんの

アスペルガー疑惑について考えてみました。

これからの活躍に期待したいと思います♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

 

 

まとめ

藤井聡太は14歳でプロ棋士デビューし快進撃を続けている

藤井聡太はアスペルガーじゃない可能性が高い

 

【スポンサードリンク】