南谷真鈴さんがまた快挙を達成しました!

 

 

なんと探検家グランドスラムという偉業を

まだ20歳という若さで成し遂げたとのこと!

 

 

(探検家グランドスラムについては

後ほど詳しく説明しますが)

 

 

彼女の行動力と精神力はどこから湧いて

来るんでしょうか・・・。

ほんとリスペクトの一言につきます(^_^;)

 

 

ところが、そんな南谷真鈴さんに対して、

一部、冷ややかな批判が出ているとのこと。

 

 

その批判の内容が、

どうせ、親が金持ちだからできるんでしょ・・・

みたいなお金持ちへの批判だそうで。。

 

 

いやいや、

山登ったの本人だし。

スポンサー見つけたのも本人だし。

そもそも親から支援受けてねーし。

 

 

と、いろいろと思ってしまいましたので、

今回はそのあたりの事実を含め、改めて

南谷真鈴さんのことを紹介してみたいと思います♪

 

 

【スポンサードリンク】

 

南谷真鈴のプロフィール

名前 南谷 真鈴(みなみや まりん)
本名 (同上)
職業 探検家
生年月日 1996年12月20日
出身 神奈川県川崎市
血液型 O型
学歴 早稲田大学政治経済学部入学

 

1996年生まれということで2017年現在では

まだ若干20歳。普通の女子大生とは

違いすぎる人生を歩んでいますね(^_^;)

 

 

現在も大学に在学中ですが、

職業「探検家」として世界中の山々を

登りまくっています。

 

 

登山の実績としては以下のとおりです。

 

年月 登頂・到達 標高
2015年1月 アコンカグア 6,959 m
2015年7月 キリマンジャロ 5895 m
2015年8月 モンブラン 4810 m
2015年10月 マナスル 8156 m
2015年12月 コジオスコ 2228 m
2015年12月 ヴィンソン・マシフ 4892 m
2016年1月 南極点
2016年2月 カルステンツ・ピラミッド 4884 m
2016年3月 エルブルス 5642 m
2016年5月 エベレスト
(日本人最年少)
8848 m
2016年7月 デナリ 6190 m
2017年4月 北極点

 

こうやって見ると、もんのすごいペースで

登頂記録を伸ばしていってますね!

2015年12月なんて、2つも登頂してますよ。

 

 

上の表で赤字になっている山が、通称

七大陸最高峰と呼ばれている山々。

 

 

世界の果てまでイッテQでイモトさんが

登っていますよね。

番組を観ている方なら、その過酷さは

わかるかと思いますが。

 

 

そして、これら七大陸最高峰に

青字の北極点、南極点を加えて

探検家グランドスラムと呼ばれています。

【スポンサードリンク】

 

 

これを20歳ですべて達成したということで

世界最年少での記録更新になったわけです。

 

 

でも、彼女は登山家ではなく、あくまでも

探検家として活動しているので、

登山が一段落したら

 

 

今度はセーリング(ヨット)で

世界一周する予定とのことです。

 

 

世界中のたくさんの人たちと交流するのが

夢なんだとか。

バイタリティどんだけ~~!!

 

 

南谷真鈴曰く、

 

熱意と行動力があれば、叶わない夢はない。

登山やセーリングはあくまでそれを

証明するためのツール

 

とのこと。

 

意識が高い人(系も含め)は世の中に

結構いますけど、実際に行動に起こして

実践していける人というのはなかなかいません。

 

 

この若さでそれができるというのは

すごいことだと思います。

 

 

数々の快挙に「お金持ちだから」と批判の声も!?

でも、こういった行動力のある女性が

現れると、必ず一緒にアンチも現れます。

自分にない輝きを放つ人間を、

日陰で生きる人間はよく思わないものなのです。

 

 

まぁ、これは宿命なので仕方がないのかも

しれませんが(^_^;)

 

 

ちなみにネット上ではこんな批判的な声を

集めてみました。

 

「やっぱり金だよね。親が超大金持ちなのかな?」

「20歳でコンプとか生き急ぎすぎじゃね?」

「金さえありゃ何とでもなるのがバレちゃったからなあ 」

「若者はもっと行動すべき、みたいなこと言ってたけど
この子はそもそもお金持ちの帰国子女だからな…。」

「どうやってスポンサー得たんだろと思ったらコネ最強の早稲田なのか」

「この女は親の金であっさり制覇w」

「顔と親の金があれば、思い通りだね。」

「南谷さんのは金持ちの道楽。」

「少なくとも自分の稼いだ金ではないな。」

 

はい。妬みの声が止まりません(笑)

 

 

若くて、顔もかわいいですし、その上こういった

自分の意思をしっかりと持って活動しているので

なかなか叩けるところもなく、ということで

批判の声はほぼ「お金について」だけでした。

 

 

では、その活動資金について、

事実を調べていきましょうか。

 

 

ちなみに結論から言っちゃうと、

自身の探検家としての活動は、

親のお金に一切頼ることなく活動しています。

 

 

南谷真鈴はお金持ち!?父親は何をしている人!?

登山にはたくさんの資金がかかりますし、

今後も探検家としての活動をしていくには

さらに莫大なお金が必要ですよね。

(これまでも数千万単位で資金がかかっているはずです)

 

 

こういった資金はいったいどこから調達

しているのか、ということですが、

 

南谷真鈴さんにはユニクロ、DeNAトラベル、

博報堂などの大企業スポンサーがついていて、

経済的バックアップはスポンサーから

受けています。

 

こちらのユニクロのCMにも出演されていますね。

 

南谷真鈴さんのお父さんは、大手の貿易会社に

勤めているとされ、家柄としては裕福だったことは

事実のようです。

 

 

でも、お父さんからは

応援はするけど一切の資金援助はしない

ときっぱり。

 

 

お前の人生はお前自身で切り開いていけ!

という親の愛のムチでしょうね。

 

 

お父さんの教育方針も素晴らしいですが、

それに対する彼女の取り組みも圧巻です。

 

 

なんと、高校生のときに、受験勉強をしながら、

空いた時間を使って企業にメールや電話を

たくさんかけたり、実際に訪問したりして

スポンサー探しをしたとのことです。

(メールは1000通以上送ったそうですよ)

この努力には頭が下がりますね。。

 

 

幼い頃から、お父さんの仕事の関係で海外で

過ごすことが多かったため、人生の半分以上は

海外で生活していたそうですよ。

 

 

なんとなく、帰国子女風な雰囲気を

醸し出していましたが、やっぱり海外での

生活が長かったんですね。

 

日本でずっと生活していたら、なかなか

生まれないアクティブさですよね。

そしてそれを実現しちゃうところがすごい。

 

香港での学生時代に、地元企業に対して学校行事のための資金集めやPR活動を経験していたので、特に物怖じすることなく掛け合うことができたのかなと思います。

 

 

ということで、南谷真鈴さんは

親の資金援助は一切受けず、

自分の力だけでスポンサーを探し

これまでの快挙を成し遂げて

きたことがわかりました。

 

 

ここまでやられちゃうと、ほんとに弱点が

見当たらないですよね(^_^;)

叩きようがないです(笑)

 

 

ということで、今回は南谷真鈴さんの活動と

活動資金について紹介しました。

 

 

今後もご活躍されることと思いますが、

中には危険な挑戦もあると思いますので

安全には気をつけつつ、今後もガンガン

活躍していってほしいと思います!

 

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

まとめ

南谷真鈴が探検家グランドスラムを達成!

南谷真鈴は親から支援は受けず自分の力でスポンサーを探した!

 

【スポンサードリンク】