今回の記事では、

漫画タウンが勧めるnoteとは?

について調べてみました。

 

 

漫画村、漫画タウンが閉鎖され、世の中の人達は少しずつ漫画村のことは忘れ始めているころでしょうか。

 

漫画村利用者だった友人たちも、最近は漫画村の話はせず、もっぱらグラブルばかりやっています(笑)

 

でも、本日(4月26日)に久々のクマのつぶやきがありました。

 

 

せっかく忘れかけていたはずなのに、どこか期待していた漫画村ユーザからは、求む復活!の声がいらだちと共にツイートされていました。

 

 

おめぇ何だよ?テメーは努力してタダで読み放題のサイト作っときゃいいんだよ。
早く復活させろks

 

復活してください!

 

イキってないで早く復活してくださいよォ

 

どうでもいいので、早く復活して下さい。

 

GWが暇でたまりません😨復活してください😘

 

わざわざコンビニで立ち読みしないといけなくなったじゃないですか😡

 

漫画村騒動に乗っかって自分で作ったサイトを宣伝するもめちゃくちゃ重くて誰も利用せず、結局漫画村が再開したら自分が漫画村だと名乗り出すクッソ哀れな漫画タウンさんおる?

 

いい流れ(ドヤ

じゃねえーよゴミ。さっさと復活させろや

口だけか?口だけのダサ男か?てめぇ

強がりにしか聞こえないし

そもそもなんで君が勝手に決めてるの

 

 

漫画タウンさんが、もしかして成りすましのnoteの方とかどっちでも良いから、一言で言うと、漫画村復活希望!

 

復活まち

 

 

漫画を無料で見ていた人たちも、かなり手持ち無沙汰な日々を送っているものと思います。

 

でも、漫画の読み放題であれば、実は他にも存在するんです。

 

あ、マイナーな漫画ばかりじゃなくて、人気漫画も揃っている優良サイトですよ。

 

しかも30日間の完全無料期間付きで。

 

人気漫画無料で読み放題のサービスは実在する

漫画が読み放題のサービスってホント少ないですよね。特にメジャーなタイトルが揃っているサイトはほとんどないです。

でもいろいろと探していったら、1つだけ見つけることができました。

 

それが「ブック放題」というサービス。携帯電話のSoftbankが提供しているサービスです。

(以前はSoftbankのユーザだけでしたが、現在はソフトバンクユーザ以外も利用できます)

 

ブック放題は20000冊以上の人気漫画が読み放題で1ヶ月間無料という鬼サービス

 

【公式サイトより引用】

人気雑誌200誌や名作マンガ20,000冊、旅行ガイド「るるぶ」100冊という豊富なコンテンツを、月額500円でご提供しています。更に初月無料でお試しできます。

サービスの特徴は「最新雑誌(品質)」と「豊富なマンガ(量)」です。

雑誌は、全て最新号が読め、大半が本誌発売日に読めます。
更にムックや別冊も、毎月20冊以上配信しています。

マンガは、全巻読み放題をお約束します(連載中の作品は除く)。
名作マンガを多くご用意していますので、通勤・通学中や暇な時間に楽めます。

 

よく「無料で読めるのは1冊限りであとは有料・・・」というのが多いんですけど、ブック放題は他のサービスとは違いますね。

これはかなり良心的なサービスと言えます。

ちなみに1ヶ月を過ぎると有料になりますが、その金額もわずか500円。もうちょっとお金出してもいいレベルのサービスですよね。。ノーリスクなので、とりあえず登録しておいてもいい内容だと思っています。

 

ちなみに、気に入らない場合は1ヶ月以内に解約すればお金はかからないのでお気軽にどうぞ♪

 

漫画タウンが勧めているnoteって何?

ところで、漫画村・漫画タウンが消えた後、クマさんがしきりにオススメしている「note」というサービスがあります。

 

これっていったい何なの?ということで調べてみました。

 

要するに、

 

個人で作成した作品(小説や漫画、音楽など様々な電子媒体)を気軽にアップすることができ、気に入った人がいればそれを自由に購入できるというマッチングサービスです。

 

例えば、自分で考えた小説をアップして、続きが読みたければお金払ってね、みたいな感じで作者とユーザが直接つながることができるのが特徴ですね。

 

 

アップした情報をnoteの管理画面上からツイッターやfacebookなどに拡散することができたり、売上管理機能などもついているようで、結構使いやすそうです。

 

 

このnoteというサービスに関するクマさんのツイートはこちら。

 

 

 

漫画タウンが閉鎖してから久々のツイートでしたので注目でしたが、どうやら復活という空気ではなさそうですね。

 

 

というか、この流れを見ていると、どうしてもnoteの関係者だと思わざるを得ない気がします。。

 

noteはしごくまっとうな合法サービスなので、そっち路線に切り替えて何か企画しているんでしょうかね。

 

今後もくまさんのツイートには注目していきたいと思います。

 

ではでは。