漫画村廃止→漫画タウンとして復活!

という話がネット上に上がって数日。

 

漫画タウンは重すぎで見れない・・・。

という状況が続いています。

 

ということで、今回の記事では、

漫画タウンはいつになったら見れるの?

ということについて調べてみました。

 

 

 

漫画タウンはいつから開始するの?

漫画村管理人のくまさんが声高に漫画タウンを宣言したしたのが、4月11日。


それからもうすぐ1週間が経過しますね。

 

4月17日現在の状況を改めて確認してみると・・・・。

 

やはりトップページは表示されます。

 

そして漫画を選んでクリックすると、十数秒後にタイトルのページまでは表示されますね。

 

 

でも、「縦スクロール」や「横スクロール」をクリックすると、、、こんな風にエラーになっていまいます↓

以前のエラーとは少し違います。

 

以前はこういったエラーでした。(時折こちらのエラーも発生します)

 

 

今回出ているエラーは、

データーベースにアクセスに行った祭、接続できなかったエラー

です。

 

データベースというのは画像データの管理や、管理人のログイン情報、ページの情報など、すべてのデータが格納されている倉庫のことです。

 

一般的にはデータベースのサーバと、画面を表示するためのプログラムが動いているアプリケーションサーバは分離することが多いので、アプリケーションサーバ⇔データベースサーバでうまく通信が出来ていないということですね。

 

また、トップページを見ていて気づいたことがあります。

 

それは、トップページのメニュー

 

以前は一番上に、複数のメニューがありました↓

 

でも現在はメニューがなくなってホームだけになっていますね。

 

このことから、サイトのデザインについてまだ何らかのメンテナンスを行っていることが推測できます。

 

データベースにアクセスできない、

サイトのデザインを編集している

さらには

アクセス集中の対策準備が整っていない

 

などなど、サービス開始の目処はまだ立っていないように思われます。

 

なので、この後も数日から長ければ一週間以上はサービス開始はないように思いますね。

 

漫画タウンのくまさんの動向について

ここ数日、管理人のラリックマさんがツイートしている内容を追ってみました。

 


相変わらず、自分のサイトの合法性について主張しています。

 

もうすぐだよ、といいつつもこういったツイートで時間を稼いでいるようにも見えますね。

 

漫画村のユーザからは

 

ツイートしてないで、とっとと復活させろ!!

 

といった厳しい意見も散見されます(^_^;)

 

 

漫画タウンは危険じゃないの?

漫画村の危険性についてはこちらの記事でたっぷりと紹介しました。

漫画村が危険な2つの理由!ウィルス感染の恐れあり?

 

かいつまんで話すと、漫画村には、

1.データマイニングされる可能性がある

2.広告(もしくは広告サイト)からウィルス感染の可能性がある

ということをお話したわけです。

 

じゃあ、漫画タウンはどうなのか。

 

漫画タウンも運営者は同じで、理念もまったくゆらいでいないようなので、同じようなやり方でサービス提供していくものと思われます。

 

となると、やっぱり漫画村のときのリスクがある可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

 

漫画村のチェックボックス事件があってからというもの、知り合いは漫画村を利用しなくなりましたね。

 

それなら、合法的な方法で安全に漫画を読みたい、となるわけですが、

 

読み放題の漫画って、マイナーな漫画ばかりでつまらないのが現状です。

 

だからみんな漫画村に走るわけですが。。

 

でも、探してみると1箇所だけ、かなり良心的なサービスを提供している漫画見放題サイトがありました。

 

漫画読み放題のサービスを探してみた

 

それがau ブックパス。携帯電話のauが提供しているサービスです。

アラカルト訴求

 

動画見放題のau ビデオパスっていうのがありますけど、それの漫画・雑誌版ですね。

 

マイナーな漫画の読み放題サービスはそれなりにあるんですけど、人気漫画読み放題のサービスはここしか見つかりませんでした。

 

すでに完結している漫画も、まだ連載している漫画もたくさんのタイトルが揃っています。

 

一応、わずかですが月額料金がかかります。でもたかだか562円

 

これで何と5万冊の本が読み放題です。もちろんそのタイトルの全巻すべてです。

 

ちなみに初回登録時は30日間無料サービスがついているので、お金が発生する前に解約すれば完全無料でも利用できます。

 

auブックパスを利用するためには、au IDというものが必要になります。

 

ちょっと面倒くさいですけど、無料ですので我慢して登録しましょう↓

>au IDの新規登録はこちら(au 契約者の方)

au IDの新規登録はこちら(au 契約者以外の方)

 

そのうえで、こちらからau ブックパスに登録すればサービスが利用できます。

アラカルト訴求

 

よかったら使ってみてくださいね。

 

まとめ

ということで、今回は漫画タウンの開始時期や危険性について書いてみました。

 

やっぱり最終的には合法的なサイトで見るのが一番近道かなぁと思います。

 

漫画村の一件を受けて、電子コミックのサービス形態がもっと使いやすい方向に動いていってくれるといいんですけどね。

 

それでは最期まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m